THE SCENT OF MUSEUM


A Scent of Museum Where Immortality Smokes

We are thrilled to announce that MOCAF will release THE SCENT OF MUSEUM on March 11th, 2023 at MOCAF STORE. The scent is composed of various fragrances. You can feel the wood, which was used in the revolving door in 2021 as the entrance of MOCAF. The smoke of the burned wood. The plants, stones, and soil on the grounds of MOCAF. In addition, helichrysum, which means “immortality." Lastly, frankincense, which is used to connect with other beings beyond humans, and so on.

The history of humans and scent is old. People say that it began about 1 million years ago with the discovery of fire. Perfume, as we know it today, is derived from the Latin words "per" (through) and "fumum" (smoke), referring to the scent that can be felt through the smoke. The art of scent is called "Olfactory Art." In 1913 Carlo Carra mentioned scent in “La Pittura dei suoni, rumori, odori: Manifesto futurista.” According to Bruce Altshuller, one of the first examples of olfactory art is Benjamin Peret's use of the roasting coffee aroma in the “Exposition Internationale du Surrealisme” organized by Marcel Duchamp in 1938. More recently, Ai Hasegawa started a perfume project that enchants sharks in 2017, entitled "HUMAN X SHARK."

As the global environment is in crisis, the preservation of art and modernity are beginning to be questioned. What remains on this planet may not be artwork, but art. Could it be possible to say that THE SCENT OF MUSEUM, a scent of museum where immortality smokes, is one of them?


Size: 33ml
Size of the bottle: 9.5x4.5x2.5cm
Size of the box: 25x13.5x5cm
Handing over at MOCAF STORE on March 11th, 2023
Price: 10,000 JPY
Reservation: info@mocaf.art
Reservation Start Time (Japan time): 14:46 11 Feb, 2023
The sale will end when all the stock has been sold
DO NOT USE


不死が煙るミュージアムの香り

2023年3月11日、MOCAFは『THE SCENT OF MUSEUM』をMOCAF STOREにてリリースします。『THE SCENT OF MUSEUM』は、ミュージアムをテーマにした香りです。MOCAFのエントランスとして2021年の回転扉で使われた木材。その木材を燃やした煙。MOCAFの敷地内にある植物や石や土。さらに、人間を超えた存在と繋がる際に使われるフランキンセンス。最後に「不死」を意味するヘリクリサムの香りなどが調合されています。

人類と香りの歴史は古く、100万年ほど前の火の発見と共にはじまったと言われています。現在広く知られているパフューム(perfume)は、ラテン語の「per(通して)」と「fumum(煙)」を語源とし、煙を通して感じられる香りが由来です。香りのアートは「オルファクトリーアート」と呼ばれています。1913年カルロ・カッラは、『La Pittura dei suoni, rumori, odori: Manifesto futurista』の中で香りについて言及しています。ブルース・アルトシューラーによると、1938年にマルセル・デュシャンが企画した『国際シュルレアリスム展』で、バンジャマン・ペレがコーヒーを焙煎する香りを用いたことがオルファクトリーアートの最初の例のひとつです。最近では、長谷川愛が、サメを魅惑する香水プロジェクト『HUMAN X SHARK』 を2017年にはじめました。

地球環境が危機的状況にある中で、アートの保存と近代性には疑義が生じはじめています。この惑星に残るのは、アートワークではなく、アートかもしれない。不死が煙るミュージアムの香り『THE SCENT OF MUSEUM』は、そのひとつと言えるでしょうか。


サイズ: 33ml
本体サイズ: 9.5x4.5x2.5cm
ケースサイズ: 25x13.5x5cm
2023年3月11日MOCAF STOREにてお引き渡し
価格;10,000円
ご予約:info@mocaf.art
ご予約開始:2023年2月11日14:46
無くなり次第終了
使用不可






MOCAF
info@mocaf.art
1-83, Chuoh, Tomioka, Futaba, Fukushima, 979- 1112, Japan
〒979-1112 福島県双葉郡富岡町中央1−83