Open Call for the exhibition

ART AFTER HUMAN


In the context of 311, the Great East Japan Earthquake in 2011, MOCAF organises an Open Call for the upcoming exhibition “ART AFTER HUMAN”, starts on March 11, 2023. The selected artworks in this Open Call will be enclosed in a capsule and be buried under the ground of MOCAF for a long time. The artworks in this exhibition are artworks not only for humans but also for post human after Anthropocene. We MOCAF look forward to your thoughtful proposal.


Support: the transportation costs of the artwork
Cupsule: 3.4x3.4x7.3in / 8.6x8.6x18.5cm
Proposal: info@mocaf.art
Deadline for submissions: August 31, 2022


この度MOCAFは、2023年3月11日から開催される展覧会『人類以降のアート』における作品を募集します。この公募で選ばれた作品は、カプセルに入れ、MOCAFの敷地内に埋めて長期保存されます。この展覧会の作品は、人類のためだけではなく、アントロポセン以降のポスト・ヒューマンのためでもある作品です。思慮深いプロポーザルを心よりお待ちしております。


サポート:作品の輸送費
カプセル:3.4x3.4x7.3in / 8.6x8.6x18.5cm
プロポーザル: info@mocaf.art
締め切り:2022年8月31日




We Transform to SUPERDEME


On May 5th, 2020, uneasy news was reported by BBC. In general, people might don’t pay attention to it because the situation at that time was an emergency just after an announcement by WHO
(“Covid 19 can be characterized as a pandemic”). The headline was this. “More than 3bn could live in extreme heat by 2070”. [1] The oppressive (and inevitable?) near future won’t come suddenly. As you know, the variation already occurs and it is forecasted the change will accelerate more and more.

Imagine a relatively near future a little bit. If the current place becomes too hot to live, people move to a place not too hot. The great migration of humans caused by climate change has an impact on its society, and the various system will be forced to be updated. However, it's not an exaggeration to say that we don’t have any preparation for the reality beyond our imagination. If you can get a peaceful place, it would be well. But when the earth transforms to more dangerous environment than before for life, it is a minority who can completely deny the possibility of human extinction like other species had exterminated.

When humans talk about extinction, we call it “The Big Five”
(The mass extinctions happened five times after the Cambrian period ). The problem is the upcoming “The Sixth Extinction”. The future intelligence will look back over the history of extinction as “The Big Six”. Do they deduce instructive knowledge by collecting not only our bones but also plastics, concrete, and radiation as archaeologist excavates the bones of the dinosaurs and investigates the ecosystem? The most important things for humans, like limited sneakers, fully automatic washing machines, and “smart” phones filled with information, might be ooparts which are unclear to use for them. Is it possible to give something important to the next generation (biologically different species)? Following Friedrich Nietzsche, Nihilism will last until this century. Today’s children might not be able to see their grandchildren.

In order to keep away from Apolia as above
(a mentality like doom scrolling), we try to find a door connecting to another reality by passing through art and philosophy from now on.

Boris Groys calls art “Second Body”
[2]. Because the artwork remains as “Second Body” even if the artist as the First Body dies. If you amplify “the art as Second Body” and regard artists as humans, art remains after humans. We can call it “ART AFTER HUMAN”. Literally, “ART AFTER HUMAN” is an art not only for humans but also for spices that will come after humans.

Ray Brassier, who regards philosophy as “the organon of extinction”, says “there can be no ‘afterwards’ of extinction”
[3]. It can be said that Brassier’s discontinuation between before extinction and after extinction deeply connects with the fundamental thinking of Groys, which is Anthropocentrism. For example, however, considering art as a species in a biological meaning, it is possible to regard more lasting art as “the first body” and temporary humans as “the second body”. Likewise, in case there is something that lasts to the next species even if humans become extinct, “afterwards” is possible. The perspective, there is no "afterward”after the extinction of species as a collective of individuals, can slid like this.

Firstly, you regard species as one individual and redefine it as Super Individual. Secondly, you think of art as an artificial gene
(needless to say, a gene in a biological meaning is impossible, though). And finally, the Super Individual (humans) remains an art as an artificial gene for the next Super Individual (post-human). Making the term “deme” in biology a reference, possibly you can call the specific genetic collective "SUPERDEME". Namely, each species that had no gene flow bridge the gap, and the knowledge inherits as the same "SUPERDEME". Although it’s just a hypothesis, needless to say, we don’t know if it’s too optimistic. The silent artificial gene waits for the moment of its triggering. When will it happen? "Novacene (James Lovelock)"? What are they there? "Homo Deus (Yuval Noah Harari)"? "LIFE 3.0 (Max Tegmark)"? What kind of world will the underworld of MOCAF separated from humans encounter?



わたしたちはスーパー・ディームへと変容する


2020年5月5日、心穏やかではいられないニュースがBBCによって報じられた。同年3月11日のWHOによる発表
(「Covid-19はパンデミックとして特徴づけることができる」)から間もない非常事態下だったこともあって、ともすれば一般的にはあまり注目されていないかもしれない。その見出しはこうだ。「2070年までに30億以上の人々が極端に暑い場所に住むことになりかねない」[1]。この過酷な(かつ不可避な?)近未来は2070年に突如として訪れるわけではない。周知の通り変動はすでに起こっており、今後さらに加速することが予想される。

今住んでいる場所が暑すぎて住めなくなれば、人は暑すぎない場所へと移動する。気候変動による人類の大移動は、社会に大きな影響を与え、多くのシステムはアップデートを迫られる。しかしながらわたしたちはまだ、想像を絶するその現実に対する準備が全くできていないと言って決して誇張ではない。どこかに移動して安住できる場所を確保できればまだいいが、地球自体が生命にとって今以上に危機的な環境に変容した場合、他の種もそうであったように人類もまた絶滅する可能性に関して完全否定できる者は少数派だ。

人類が絶滅について振り返るとき、わたしたちはそれを「ビッグ・ファイブ」と呼ぶ
(大規模な絶滅はカンブリア紀以降5回生じている)。問題は、やがて来る「第六の絶滅」だ。未来の知性は絶滅の歴史を「ビッグ・シックス」と呼んで振り返るだろう。かれらは人類をどのようにみなすだろうか。考古学者が恐竜の骨を発掘しその生態系を研究するように、かれらはわたしたちの骨だけでなくプラスチックやコンクリート、放射性物質を収集し、過去から学ぶべき重要な教訓を演繹するのだろうか。限定スニーカーや全自動洗濯機、「情報でいっぱいのスマート」フォンといった現生人類にとって重要なものの多くは、かれらにとっては使途不明のオーパーツかもしれない。わたしたち人類は、次世代(生物学的な意味で異種のかれら)にとって意味を持つ何かを託すことはできるだろうか。残された時間はどうやらさほど長くはなさそうだ。フリードリヒ・ニーチェに倣えばニヒリズムは今世紀中まで続くだろう。今日の子供たちは孫の顔を見れないかもしれない。

以上のようなアポリア
(ドゥーム・スクローリングをしているときのようなメンタリティ)に陥ることを避けるために、ここからはアートと哲学を経由して、もうひとつの現実へと繋がるドアを模索する。

ボリス・グロイスはアートを「第二の身体」
[2] と呼ぶ。第一の身体としてのアーティストがたとえ死んだとしても、その作品が「第二の身体」として残るからだ。この「第二の身体としてのアート」を敷衍し、アーティストを人類として考えれば、人類以降もアートは存続する。わたしたちはそれを「人類以降のアート ART AFTER HUMAN」と呼ぶことができるだろう。「人類以降のアート ART AFTER HUMAN」は文字通り、人類のためだけのアートではない。人類の次に続く種に向けたアートでもある。

哲学を「絶滅の道具
(オルガノン)」とみなすレイ・ブラシエは、「絶滅の『その後』はあり得ない」[3] と言う。ブラシエのこの絶滅前後の間にある断絶は、グロイスの思考基盤、つまり、人間中心主義と強く結びついているとも言える。しかしながら、例えば、生物学的な意味での種としてアートを考えた場合、より長く存続するアートを「第一の身体」、一時的な人類を「第二の身体」と見なすことは可能だ。同じように、仮に人類が絶滅したとしても後続種にまで存続する何かがあれば、「その後」はあり得る。個体の集合としての種が絶滅すれば「その後」はないという視点は、このようにスライド出来るかもしれない。

まず、種をひとつの個体とみなし、「超個体 Super Individual」として捉え直す。次に、アートを人工遺伝子として考える(言わずもがな生物学的な意味での遺伝は不可能だが)。そして、その「超個体
(ヒューマン)」は次の「超個体(ポスト・ヒューマン)」のために人工遺伝子としてのアートを残す。これにより、かつては別種であったわたしたちとかれらの間には何らかの遺伝が行われ、特殊な種として結びつくことになる。集団遺伝学におけるデームという用語を援用すれば、この特殊な遺伝集合を「スーパーディーム」と呼ぶことができるだろうか。つまり、かつては遺伝子流動が生じなかった種同士が、人工遺伝子としてのアートによってその断絶をブリッジし、同じスーパーディームとして知を継承する。言うまでもなくこれは仮説に過ぎないが、オプティミスティックすぎるかどうかはまだわからない。沈黙の人工遺伝子はカプセルの中でただその発動のときを待つ。それはいつなのだろう。「ノヴァセン(ジェイムス・ラブロック)」?。そこにいるかれらは何なのだろう。「ホモ・デウス(ユヴァル・ノア・ハラリ)」? 「LIFE 3.0(マックス・テグマーク)」?。人類と隔絶されたMOCAFの地下世界は今後、どのような世界と遭遇するのだろうか。

[1] https://www.bbc.com/news/science-environment-52543589
[2] https://www.e-flux.com/journal/82/127763/art-technology-and-humanism/
[3] Brassier, Ray. Nihil Unbound: Enlightenment and Extinction (p. 230). Palgrave Macmillan.